NEDO IoT推進のための                横断技術開発プロジェクト

2018年度第1回(通算第3回) 人材育成スクール

2018年8月9-10日(講習)、8月28-29日(実習)

8月9日(木)-10日(金)   早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館 N棟第1会議室

8月28日(火)-29日(水) 産業技術総合研究所 つくば中央第5事業所


<プログラムスケジュール>

講習(定員25名)

8月9日(木)

12:30 受付開始

13:10-13:20

 講義開講・ご挨拶  

  NEDO IoT推進部

13:20-13:30

 スケジュールなどご連絡

  秋永 広幸/国立研究開発法人 産業技術総合研究所

 13:30-14:30

 講義1 「ReRAM基本技術とそのAI応用

 河野 和幸氏/パナソニックセミコンダクターソリューションズ(株)

 14:30-15:45 

 講義2 「IoT社会に向けた、MEMS&センサシステム開発

 今本 浩史氏/一般財団法人 マイクロマシンセンター

15:45-16:00 

 休憩

16:00-17:15

 講義3 「アニーリング技術開発の現状と将来展望」

 田中 宗氏/早稲田大学グリーン・コンピューティング・システム研究機構

17:15-18:30

 講義4 「耐タンパセキュリティ技術とReRAMへのセキュア応用」

  吉本 裕平氏/パナソニックセミコンダクターソリューションズ(株)

 

 

8月10日(金)

9:30 受付開始

10:00-11:00

 講義5 「ニューラルネットワーク集積回路概論」

 浅井 哲也氏/北海道大学

11:00-12:00

 講義6 「ニューロモルフィック応用を目指した材料・デバイス開発」

    島 久氏/国立研究開発法人 産業技術総合研究所

12:00-13:00

 昼食時間

13:00-14:15 

 講義7 「生体情報リアルタイム計測デバイスの開発とプラットフォーム展開について」

 山田 貴之氏/アジア航測(株)(AKMプロジェクト)

14:15-15:30

 講義8 「クラウド、エッジにおけるAI処理ハードウェア技術の動向と標準化について」

   大渕 栄作氏/(株)ディジタルメディアプロフェッショナル

15:30-16:45

 講義9 「AI/IoT時代の分散ストレージ技術動向と展望」

 菅 真樹氏/合同会社リトルウイング 

16:45-17:15 講義まとめ(レポート)と諸連絡

 秋永 広幸/国立研究開発法人 産業技術総合研究所

 

実習1:デバイス試作・評価実習(定員3名)

8月28日(火)

10:00-16:30「アナログ抵抗変化素子(Sub100nm)の試作」

 講師:

 島 久氏/国立研究開発法人 産業技術総合研究所

 高橋 慎氏/国立研究開発法人 産業技術総合研究所

 8月29日(水)

09:30-12:00「アナログ抵抗変化素子の電気特性評価(DCおよびパルス)」

 講師:

 島 久氏/国立研究開発法人 産業技術総合研究所

 高橋 慎氏/国立研究開発法人 産業技術総合研究所

 

実習2:FPGAシールド for Arduino:実習 (定員20名程度の予定)

9月下旬開催予定

開催:北海道大学 情報理工学研究科 M棟(予定)

※パブリックベータ2を今年度末に東京にて開催予定です。

 

概要:AIを広く利活用するために、誰でも容易にAIを搭載できるプラットフォームを構築・公開します。そこに機動力の高いソフト・ハード一体オープンイノベーションの仕組みが用意されます。

今回の「FPGAシールド for Arduino実習」にて、皆様にArduinoとAIアクセラレータであるFPGAシールドを用いてAIを体験していただきます。

このプラットフォームを活用することで、身の回りのあらゆるモノの知能化が期待されます。

※初級コース(アプリ:Arduino + FPGAシールド)と上級コース(回路:RTL/FPGA実装)を並行開催予定


・ 聴講ご希望の方は、こちらから参加申込フォームにご記入の上、送付ボタンを押してください。

・ 会場の都合などで、お申込みいただいてもご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。その場合には、個別に、ご連絡させていただきます。